VIR-BLUEの3Dプリンターの特長は金属製品に特化している点です。

最近ではプラスチックの3Dプリンターは低価格帯のものも増えていますが、金属3Dプリンターは以前として設備が高額な為まだまだ利用者が少ない印象です。

VIR-BLUEの3Dプリンターは金属の製品造型に特化し、SLSというレーザー焼結法を採用しています。

金属3Dでは最もポピュラーな造形方法で、精度が高く、他の金属3D造形に比べて安価で対応できます。

SLSによる3D金属造形のしくみ

VIR-BLUEの金属3Dプリンターは基本的にSLSと呼ばれる(Selective laser sintering)方法で製造致します。

粉末状の金属材料に高電力のレーザーを照射して焼結させる方法で、レーザーを当てた後に積層して一層ずつ造形を繰り返します。

SLS造形を選んだ理由は現時点で最も精度が高く、市場での実績も多いので導入障壁が少なく、安価で製造対応が可能だと判断したからです。

VIR-BLUEの3Dプリンター用金属材料は多種類ありますが、選択した金属粉の金属材料にレーザーを当てることで焼結し造形します。

SLSで3D金属造形するメリット

SLSで3D造形を行うメリットは以下の通りとなります。

・金属物質本来の材料に近い材質特性を出すことができ、切削品や鋳造品と同等の材料強度が出せます。

・従来の製造方法(切削・ダイキャスト)では作れなかったような中空構造などの新しいデザイン設計が可能となる。新しい設計により今までの設計よりも制限に捕われない自由な設計開発が可能となります。

・完成品を直接作ることができるので金型費用などのイニシャルコストが不要となります。その為コスト削減の提案が可能となります。

・完成品を直接作ることで開発時間の大幅な短縮が可能となります。

・一体型の製品構造が可能となります。それにより組立工数を減らし、管理面、品質面での向上が可能です。

SLSで3D金属造形するデメリット

SLSで造形を行うデメリットは以下のものがあります。メリットとデメリットを理解した上で最適な製造方法を決めるのが良いでしょう。

・仕上がり表面がザラつきます。VIR-BLUEの3Dプリンターでは表面に追加工を行うことで表面のザラつきを除去することもできます。

・サポート材の除去が必要です。

 

3D金属プリンターで使用する材料

SLS造形の場合、材料は様々なものが利用できるのも特徴です。

材料はコーティングされた粉末状のものを利用します。

現在VIR-BLUEの金属3Dプリンターで対応しているのは以下の材料です。

マルエージング鋼・ステンレス・アルミ・チタン